【後編】誰にだってできる、2週間で必ず身に付く私の英語の勉強法。

Processed with VSCO with 4 preset

こんにちは!!Ayakaです!
前回の更新からだいぶ日が空きましたね・・・(笑)
読んでいる人が存在しているのかすら、
さっぱり分からないのですが、とにかくスミマセン。
何より、Benjaminsのブロガーの中で誰よりも
更新率が低くて本当すみません(笑)

さて、前回の記事
「【コラム】誰にだってできる、2週間で必ず身に付く私の英語の勉強法。前編」
と言うことで前ふり的なのを書いちゃいました。
(前回の記事はこちらから)

 

今日はその後編ということで、
私なりの英語の勉強法を紹介していきたいと思います。



前にも書きましたが、わざわざ英会話スクールに
通う必要もなく、誰でも家でできちゃうこの方法

 

その名も、
「2週間で英語脳を作るカリキュラム」

だいぶ引っ張ってしまった感がありますが、
とってもシンプルなものです。
自分の好きな海外ドラマを
見続けるだけでいいのです(笑)

ただし、自分の好きな海外ドラマの『見方』に少し工夫が必要になってきます。
『英語を勉強する』というより、
『英語が頭の中に英語が違和感なく入ってくる頭』を作るようなイメージなのがこのカリキュラムの狙いです。

英語を話せるようになるためには、
自分の中の語彙力を増やすよりも
まず母国語である日本語を話すことと同じくらい、
英語への抵抗をなくすことが英語に触れる初めの一歩になります。

という訳で早速詳しく紹介していきましょう。
ではまず、準備・心構えから。

 

〜準備編〜

 

 

【リラックスする】

日本語を使う筋肉の動きをリセットするため、
まずは深呼吸して体を緩めます。

 

【英語空間を作る】

DVDを見るスペースは、日本語が
書いてあるものを極力無くして。
目に入る小物も全て英語のものにできるとさらに◎。
日本語脳の活性化を抑え、英語脳の活性化を促します。

 

【DVDは映画よりもドラマ】
セリフが多くてストーリーもわかりやすく、
役者の口元が良く見えるアップの映像が多いからです。
ジャンルは勿論興味のあるものでOK。
『SEX AND THE CITY』とかですと日常系ドラマなのでわかりやすいかもしれません。

 

【ネイティブが喋る英語を流す】

別に聞かなくてもいいので、スキマ時間に
ipodから洋楽や海外のニュース(例:CNNなど)を
流しっぱなしにしておきましょう。



 

 

〜実践編〜

 

1日目
【8時間一気見する】

話が1話/1時間程度で終わるものを8話選び、何も考えずに見ます。字幕は日本語・英語両方とも必ずオフにしてください。この2週間ずっとです。
正確なストーリーも、聞き取った英語も理解しなくても構いません。ただひたすらリラックスしながら気楽に流し見してください。

 

2〜3日目
【1話目から見直す】

2日目以降は、初日に見たDVDをまた
1話→2話→3話・・・→8話→1話
繰り返し見ていきます。1日1〜2時間程度。
そして2〜3日目は、ストーリーを漠然と把握しながら、
セリフの音を追いかける程度で構いません。
iPodで聞くような感覚で聞き流しててください。

4〜5日目
【単語を聞き取る】

聞こえてきた単語を片っ端から呟いてみる。
その時もDVDは1〜2時間程度流しっぱなしに。
少し慣れてきたら、画面をよく見ながら
この言葉はこういう時に出てくるのか、と
単語と状況をなんとなく結びつけていく作業
余裕があればしてみてください。

6〜7日目
【単語からイメージを連想】

次に聞こえてきた単語を呟きながら、
その単語に関わるイメージを連想していきます。
例えば、『water』だったら、
→『cold』→『blue』→『red』→『fire』など、
自分の知っている語彙の範囲で広げていきます。
この時、絶対に日本語を思い浮かべてはいけません。
これはイメージと結びついた広がりのある言語
ネットワークを作るのと同時に、英語を聞いたら
新たな英語を思い浮かべるクセつける訓練にもなります。
聞こえてきた単語だけ、片っ端からやっていきましょう。

8日目
【もう1度、一気見する】

初日のように何も考えずに8時間一気見します。
普段のアクティブな見方とは違って、全力で
リラックスをしてドラマの世界に浸りましょう。
8日目のこの頃には、脳の中に英語空間がだいぶ
できているはずのなので、初日と比べてセリフも
比較的聞き取りやすいと思います。
(勿論、字幕はオフで見てくださいね!)

9〜10日目
【役者の口に注目】

2週目は本格的な「話す」練習に。
まずは、役者の口元に注目して、この単語を
発する時は下と口はこう動くのか、
という感じでじーーっと見る。
自分でも真似て見ましょう。
勿論、聞こえてくる単語だけで構いません。
気楽にやってみてください。

11〜12日目
【シャドーイング】
注※シャドーイング・・・・
音声を聞いた後、即座に復唱すること

いよいよシャドーイングです。
1週目とは違い、単語だけでなく文章単位で
できるだけ長いセンテンスを追っていきます。
できれば心がけて欲しいのが、
大きな声を出すこと。
画面の声と自分の声の差を認識することが重要だからです。

13〜14日目
【役者になりきる】

今度は役者になりきって、動作までつけて
シャドーイングしていきます。
状況に埋め込まれた単語の意味を体で理解するのと同時に、
英語を話す時の筋肉の動かし方を学んでいきます。
慣れてくると、セリフに口が自然とついてくるように
なります。

👑15日目👑
【仕上げに一気見する】

最後にもう一度リラックスして見ます。
別にしなくても構いませんが、
スペルなど、2週間で知った単語の書き方の確認を
するならこの15日目に行ってくださいね。

これであなたの英語脳は完成されているはずです。
日本語までがなんとなく英語っぽく聞こえてくるかも?

 

 

次の日から、また1日目から繰り返してください。
この2週間に見た同じドラマの1〜8話でも、続きの9話〜16話でも、
はたまた別のドラマの1話〜8話でも構いません。
2週間を1セットとして、これを何度も繰り返して見てください。

この方法を続けることで、
何処かで習わずとも確実に英語が話せるようになります。

そしてそして〜・・・
自分にプレッシャーをかけるのはやめてくださいね。焦らず、気楽に。

以下の教訓を必ず心がけてください!

※必ず注意するべきこと※

・気合いは入れない。あくまで気楽に。
・分からなくても気にしない。
・集中して話の展開に見入る必要はなし。
・字幕は必ずオフ。英語を音楽として聞くことが重要。
・シャドーイングはなんとなくで。
・根気よく継続してみること。



私自身、この勉強方法をスキマ時間に習慣づけるようにして約半年。海外留学を終えてから著しく下がっていた英会話力が少し、ほんの少しですが改善したような気がします。

そんな感じで少しだけ英語に自信が着いてきたこのタイミングで、先日、縁あって英語の先生として園児から小学性の子供達に英語を教える機会がありました。

言うまでもなく、自分の英語力はまだまだすぎて
当日まで人に教えることなんてできるのか!???なんて状態だったのですが、

結果的にとても楽しかったです。
英語勉強してて本当に良かった・・・・!!
私やっぱり英語勉強するのが大好きだ・・・!!
と思える瞬間でした。

余談の中の余談ですが、保護者様の反響が
良かったみたいで、割と真剣にある程度家庭に落ち着いたら自宅で小さい子たちの英会話教室したいなあ。なんて・・w

そんな感じで私も引き続き英語の勉強の方も
楽しみながら頑張ります🌟英語にご興味ある方は是非とも一緒に頑張りましょうね!

参考になれば幸いです。

ではでは。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.